レンジフードの異音がうるさい!音の種類ごとの原因や対策をチェック

2021.11.05 UPDATE

レンジフード

こんにちは!住まいの設備会社 札幌ニップロです。

 

キッチンに立った際に、レンジフードから異音がしても放置していませんか?

異音を放置し過ぎると、故障の原因につながる可能性があります。

 

レンジフードの異音の原因はいろいろありますが、セルフメンテナンスで解消できるものもあれば、専門業者へ連絡が必要なものも。

 

まずはどんな音がしているかをチェック!

音の種類ごとに考えられる原因と、それぞれの対処法をご紹介します。

 

 

レンジフードの異音がうるさい場合は音の種類に注目!原因や対策は?

レンジフード内の換気扇から異音がする場合、まずはどんな音がするかチェックしてみましょう。

「ゴー」という重たい低音? それとも「キーン」といううるさい高音?
音の種類によって、異音の原因をある程度絞ることができますよ。

 

ゴー、ボー、ブォーなど、重たい低音

「ゴー」という重たい低音は、レンジフードの異音の中でもよく見られる現象です。

換気扇のファン(羽)部分にたまった油汚れが原因として考えられます。

 

ファンに油汚れがたまってホコリなどが蓄積し、ファンの回転バランスが崩れて異音が発生します。

 

レンジフードをていねいに掃除し、油汚れやホコリを取り除くことで解消されます。

掃除をするときには、油汚れに強いアルカリ性洗剤や重曹、セスキ炭酸ソーダなどの使用がおすすめ。

洗剤を溶いたぬるま湯に部品を浸け置きしてから洗うのも効果的です。

 

キュルキュル、キュキュ、チチッなど、乾いた摩擦音

「キュルキュル」「チチチ」などこすれるような音が出る場合は、ファンの回転軸のオイルが不足している可能性があります。

 

回転軸の潤滑油は、換気扇を使用していると少しずつ減ってしまうものです。

乾いた摩擦音が気になってきたら、潤滑油を差すようにしましょう。

レンジフードにも使用可能な潤滑油は、ホームセンターなどで購入できます。

 

最近はスプレータイプの潤滑油が主流で、使いやすいのでおすすめです。

潤滑油をつけ過ぎると、換気扇を回したときに油が飛び散ってしまうので注意しましょう。

 

キィーン、キーン、キィーなど、耳障りな高い金属音

「キィーン」といった耳障りな金属音、高音が鳴っているのは、レンジフードや部品の経年劣化、または故障が原因の可能性が高いです。

 

経年劣化や故障が原因の場合は、セルフメンテナンスや清掃で対処するのは難しいです。

修理や部品交換、レンジフードの交換が必要な場合がありますので、早めに専門業者へ連絡をして点検をしてもらいましょう。

 

カラカラ、カカカッなど、部品がぶつかるような音

換気扇が回るたびに「カラカラ」といった音が出る場合は、モーターや回転軸に異常がある場合が多いです。

 

潤滑油不足で、回転に不具合が出ているなら潤滑油の塗布で改善することがあります。

 

しかし、モーターの異常は自分で判断するのが難しいです。

潤滑油を差しても改善しない場合は、専門業者へ連絡して点検してもらいましょう。

 

ジー、ジジー、ジジジなど、一定の大きさで響く低音

「ジジジ……」という音の原因は、レンジフードについたサビにあることが多いです。

キッチンは湿気が多い場所なので、環境によってはレンジフードやモーター、内部部品がサビついてしまうこともあります。

 

レンジフードや部品のサビは、セルフメンテナンスで除去できないので、専門業者へ依頼しましょう。

サビた部品の交換が必要かどうか、また清掃方法など対策についても相談しておくと安心ですよ。

 

 

レンジフードの異音を放置しているとどんな影響がある?

レンジフードの掃除

レンジフードの異音は、不具合や懸念劣化、故障のサイン!

どんな音が鳴っているかをチェックして、必要な対処をしましょう。

 

油汚れやホコリの蓄積、潤滑油不足の異音なら、自分で対応も可能です。

放置をしていると重大な故障につながってしまうこともあるので、注意しましょう。

 

レンジフードの劣化や故障が疑われる場合は、早めに専門業者へ連絡を。

レンジフードの寿命は10年ほどといわれていますが、使い方や環境によってそれよりも早く寿命が来てしまうこともあります。

 

寿命がきたレンジフードは、修理や部品交換をしても、同様の不具合を繰り返してしまうことも。

レンジフードの交換も視野に入れて、点検を依頼してみましょう。

 

また、定期的な清掃・メンテナンスも大切!

レンジフードのうるさい異音を解消するだけでなく、良い状態を維持することで、寿命を延ばすことにもつながります。

 

週に1度は簡単な掃除をし、数ヵ月に1度は念入りな清掃を行い、潤滑油も定期的に補充しましょう。

レンジフードの掃除が苦手な方は、プロの専門業者に清掃を依頼するのもおすすめですよ。

 

札幌ニップロでもレンジフードや換気扇の清掃を承っています!

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

レンジフードがうるさい!  異音の種類から原因・対策を確認

レンジフードから異音が鳴る原因は、汚れの蓄積やファンの不具合、経年劣化、故障などが考えられます。

どんな音が鳴っているかで、ある程度原因を絞ることができますよ。

 

「ゴー」という重たい低音なら油汚れの蓄積、「キュルキュル」という乾いた摩擦音なら潤滑油不足による不具合が考えられ、セルフメンテナンスや清掃で対応可能です。

 

「キーン」という高い金属音や、「カラカラ」という部品が当たるような音なら、経年劣化やモーターの故障の可能性があるので、なるべく早く業者へ連絡して点検をしてもらいましょう。

 

レンジフードから異音がするなら、放置をせずに早めに対処しましょう。

 

日頃からこまめに清掃することで、レンジフードを長持ちさせることができますよ。

セルフメンテナンスに加え、定期的に業者の点検や清掃を受けることもおすすめです。

 

札幌ニップロは住宅設備のプロ!換気設備のメンテナンスや点検・修理、交換などを行っています。

換気設備のお悩みや検討などもぜひご相談くださいね。

先頭に戻る
24時間換気システムの悩みを解決 24時間換気システムの悩みを解決