暖房の設備について

Q

床暖房が暖まらない

A

床暖房が暖まらない原因としては、使用方法の問題から設備の問題まで様々です。

よくある事例については床暖房が暖まらない原因についてを参考にして下さい。

Q

暖房費(光熱費)が高い。

A

お部屋を暑くしすぎるとその分暖房にかかる光熱費が上がってしまいます。まずは設定温度を見直してみましょう。

また、暖房ボイラーの交換はお客様それぞれの条件に合わせた光熱費の試算を行いながら、適切な機種をご提案する事が可能です。

試算によっては、「壊れてから」でなく早めに交換したほうがお得なケースも多いです。

電気代の高騰による、電気ボイラーからガスや灯油への入れ替えについても対応可能です。

Q

部屋が暖まるのに時間がかかる。

A

温水セントラルヒーティングの場合、寒い日は特に暖まりに時間がかかりますので、暖房シーズンは「24時間連続運転」をお勧めしています。

連続運転しているが、暖まりが悪い場合、

① ボイラー本体の設定温度が低すぎませんか?

② パネルヒーターのメモリの設定が低すぎませんか?

設定温度に問題がない場合、

パネルヒーターを確認して下さい。全てのパネルヒーターが暖まらない場合はボイラー本体の不具合の可能性があります。一部のパネルヒーターだけが暖まらない場合は、内部のつまりや空気の混入などが考えられます。点検を依頼しましょう。

 

Q

パネルヒーターから異音がする。

A

「シューシュー」

パネルヒーターの中に流れている温水の音です。バルブが室温を感知して作動しかけているときに温水量を絞るために音がしてしまいます。機器の不良ではございませんのでご安心ください。気になる場合は、バルブの目盛りを調整することで解消できます。

「チョロチョロ」

パネルヒーターの中に空気が発生している可能性があります。長期間そのままにしておくと、パネルヒーターの暖まりに不具合が起きたり、パネルヒーターの内部を痛めてしまう事も。空気発生の原因は、水に溶けている溶存酸素が出てくるためです。機器、システム故障、不良ではありません。

Q

ボイラーの音がうるさい。

A

普段しない音が気になる場合は、ボイラーに不具合がある可能性も。

修理で改善される場合もありますので、まずは点検を依頼して下さい。

取付してからの年数によっては、部品の流通が終了していたり、高額な修理になってしまう場合があり、ボイラー本体の交換を推奨するケースもあります。

灯油ボイラーの故障のサインについてはこちら

 

Q

ボイラー本体を交換したい。

A

まずはスタッフがお伺いし、実際に必要な費用のお見積りをいたします。

お客様のご要望、お悩みに合わせた機種をご提案します。

当社では、灯油・ガス・電気全ての種類を取り扱っており、また電気ボイラーからガス・灯油への交換工事についても対応が可能です。

Q

使わないお部屋だけ、パネルのメモリを「0」にしてもいいですか?

A

使わないからと、一部のお部屋だけ極端に温度を下げてしまうと、お部屋ごとに温度差ができてしまい結露発生の原因となることがあります。また温めたいお部屋に冷気が流れ込み、寒さを感じる原因にもなります。大きく温度差が出ないように設定を行いましょう。

Q

一部屋だけ寒く感じるときはどうしたらいいですか?

A

ボイラーの設定温度を一番寒く感じるお部屋に合わせて上げてください。そのお部屋が一番条件の悪いお部屋だと思われます。北側のお部屋であったり、風当たり等で他のお部屋より熱が逃げやすくなっている可能性があります。また、充分に暖まっているお部屋のバルブを少し絞り気味に調整して頂くと改善されます。

Q

パネルヒーターの上だけが熱く、下の方が冷たい原因は?

A

パネルヒーターの温水は上側から入り、下側から流れ出て行きますので上の方から熱くなります。また、バルブが室温を感知して作動開始しているときは温水量を絞るので下側が冷たくなります。正常に作動している証拠です。

Q

パネルヒーターが暖まらない。

A
ボイラーや設備が正常な場合でも、設定温度が低すぎる場合があります。
まずは、暖房ボイラーの温度設定やパネルの目盛も見直してみましょう。
設定に問題がない場合は、パネルヒーターに空気が混入している可能性があります。
空気抜き作業、または不凍液交換で改善されるケースが多いです。
初期の段階では機械への大きな負担はありませんが、放置してしまうとパネルヒータの劣化を招いてしまうことがあります。
Q

パネルヒーターのお手入れ方法は?

A

パネルヒーターの隙間の掃除には、専用用具が便利です。

表面の汚れなどは固く絞った雑巾で拭きましょう。

詳しくはこちらにも掲載しております。パネルヒーター 掃除方法

Q

暖房を使わない夏の期間は、設定をどうしたらいいですか?

A

使用を終了するときには以下の手順で行います。

①ボイラーリモコンの運転スイッチ、床下暖房リモコンの運転スイッチをそれぞれ「切」にします。

②全てのパネルヒーターについている温度調整バルブ(サーモバルブ)の目盛りを一番大きい数字の位置に設定します。

換気の設備について

Q

自宅の換気状態が知りたい

A

「風量測定器」を使用すれば、必要な換気量が取れているのか確認することができます。
そのほか、お手入れの目安や方法について訪問してアドバイスを行っています。
まずはお客様自身に自宅の換気状態をしってもらうため、無料診断を実施しています。
お住まいの地域によって出張費が発生する場合がありますので、まずはお問い合わせ下さい。

Q

部屋がホコリっぽく感じるようになった。

A

お掃除の手順で改善される場合もありますし、お部屋の換気不足が原因のケースもあります。

部屋がほこりっぽくなる原因と、予防策や対処法はこちら

必要な換気ができているのか、無料測定できますので、お気軽にご相談下さい。(お住まいの地域によっては出張料が発生しますのでまずはお問合せ下さい)

Q

結露が気になるようになった。

A

結露が起こる原因は温度差と湿度。

そして、結露対策をせず放置した場合カビの原因となってしまいます。

換気を行い、室内の空気を循環させるようにして空気が一部に留まらないようにしましょう。

結露の原因と対策についてはこちら。

換気対策についてお悩みのかたは、必要な換気ができているのか無料で測定します。(お住まいの地域によっては出張料が発生しますのでまずはお問合せ下さい)

Q

生活臭が気になる。

A

生活臭の原因の一つに換気不足があります。

換気を止めている、設備のお手入れ不足により内部がつまり、うまく換気が出来ていないと生活臭が気になるようになります。

部屋の臭いの原因と効果的な消臭方法についてはこちら
必要な換気ができているのか、無料測定できますので、お気軽にご相談下さい。(お住まいの地域によっては出張料が発生しますのでまずはお問合せ下さい)

Q

給気口や排気口が汚れている。

A

ご使用の機器によって、定期的にお手入れ・交換が必要な部品があります。

給気口のお手入れ方法の一例についてはこちら。

必要なお手入れや方法についてはお気軽にお問合せ下さい。

Q

アレルギーや花粉症がつらい。

A

換気設備のお手入れ不足による不衛生な状態が続く事で、アレルギーの原因となるケースがあります。

また、清掃によって症状が改善したり、軽減するケースもございますので、まずはご相談下さい。

室内環境の問題は、空気清浄機では解決できません。

Q

換気扇から変な音がする。

A

設備に異常が発生している可能性があります。

異音の種類・例や、対策についてはこちら。

改善されない場合は使用を中止して、当社までご連絡下さい。

Q

冬、24時間換気をつけていると寒いです。対策方法はありますか?

A

寒いからと24時間換気を止めてしまうと結露・生活臭・アレルギー等様々な影響があります。

冬もしっかり換気を行いたくても、給気口からの冷気が気になる方が多いです。

「換気の寒さ対策」に特化した商品のご提案や、今のままの設備で行う対策など換気に関するお悩みはお気軽にご相談下さい。

Q

換気フィルターを交換したいが、品番が分からない。

A

まずはご相談下さい。現地までお伺いさせていただく事も可能です。部品販売のみも行っていますし、交換方法やお手入れの方法などについてもアドバイスしています。ご自分で作業するのがやっぱり不安!という場合は交換作業についても承っておりますので、どんなことでもご相談下さい。

Q

設備の場所や、必要な手入れが分からない。

A

弊社では換気の無料診断を行い、設備の状態・必要な手入れのアドバイスをしています。24時間換気の場合は、設備の大部分が見えない場所(床下や、天井など)に設置されていますが、ご自身で定期的に行っていただける箇所についてはセルフお手入れのコツ等もお伝えしていますので、まずはご相談下さい。

ロードヒーティングについて

Q

ボイラーの周辺から液が漏れている

A

液漏れの原因として、ゴムホース劣化による「灯油漏れ」、または配管や部品の劣化による「不凍液の漏れ」が考えられます。臭いや、色等で確認する事ができます。早めに修理を依頼しましょう。

Q

自動運転の調子が悪い

A

「降雪センサー」が故障している可能性があります。

センサーの部品の交換、又は操作部を含むセンサー本体の交換が必要です。

点検・修理をご希望の場合、当社までご連絡下さい。担当スタッフがお伺いします。

Q

不凍液交換がしたい

A

不凍液交換や、ボイラーの点検をご希望の場合は、当社までご連絡下さい。

基本料金についてはこちら。

まずは現地へお伺いし、正式なお見積りをいたします。見積無料です。

(お住まいの地域によっては出張費が発生する場合がございますので、まずはお問合せ下さい)

Q

路盤ひび割れ・タイルが破損している

A

修理をご希望の場合、当社までご連絡下さい。

現地へお伺いし、正式なお見積りをいたします。見積無料です。

(お住まいの地域によっては出張費が発生する場合がございますので、まずはお問合せ下さい)

Q

ロードヒーティングの導入を検討している

A

まずは担当スタッフが現地へお伺いし、お見積りをさせていただきます。

お住まいの地域によっては出張費が発生する場合もございますので、まずはお問合せ下さい。

エアコンについて

Q

どのエアコンを選べばいいのか分からない

A

エアコン機種選びについてのポイントはこちら

部屋に合ったサイズを選ぶこと、それぞれの機種の特徴をしっかりと調べることが大切です。

札幌ニップロでは、機種選びから取付までしっかりサポートいたします。

Q

エアコンの設置場所を相談したい

A

機種選びから、設置場所の相談についても当社にお任せください。
お客様のご要望に合わせてしっかりサポートいたします。

Q

古くなってきたので交換したい

A

札幌ニップロでは、機種選びから取付までしっかりサポートいたします。

エアコンは機種選びが重要です。

必要な機能をしっかり確認し、お部屋に合ったエアコンを選びましょう。

Q

エアコンが冷えなくなってきた

A

コンプレッサーやセンサーなど部品の不調による機能低下が原因の可能性があります。

また、エアコン内部のお手入れ不足による汚れが原因のケースや、エアコン自体の能力と部屋の広さが合っていなかった、というケースも稀にあります。

まずは点検を依頼して下さい。

その他サービスについて

Q

札幌ニップロとはどんな会社ですか?

A

暖房・給湯・換気・エアコン設備の入替・修理・点検の他、様々な商品や工事が可能です。

「札幌ニップロでできる事」はこちらをご覧下さい。

会社概要はこちら。

Q

故障かも?と思ったら

A

まずは当社までご連絡下さい。お電話で解決できることはお答えし、修理が必要な場合は担当者が現地に訪問し、状況を確認させていただくこともできます。

Q

受付・修理対応の営業時間は?

A

10月~4月:9:00~17:00(日祝定休)

11月〜3月:24時間受付対応(無休)

暖房シーズンは特に迅速に対応できるよう、年末年始も含めて24時間体制としております。

先頭に戻る