花粉の時期がつらい!換気は止める?すぐできる対策方法と注意点も。

2021.04.08 UPDATE

花粉シーズン到来!おうちの花粉対策と換気の注意点についてまとめてみた。

 

もうすっかり春ですね!

春になり、過ごしやすい気温になってきた一方で花粉症の方にとっては大変な季節ですよね。

花粉飛散量が多い日に限らず、症状に悩まれている方は多いです。

毎日花粉情報とにらめっこをしながら、家にも花粉が入ってきちゃうんじゃないかと、換気の使い方についても迷ってしまいます。

たとえ花粉のシーズンでも、お家では快適な生活がしたいですよね。

今の生活を見返して、おうちでできる花粉対策を見つけましょう。

 

花粉シーズンと花粉症の症状について

関東ではスギ花粉、ヒノキ花粉、ハンノキ花粉などが多く見られますが北海道ではそれに加えてシラカバ花粉も見られます。

北海道の花粉の時期は3月中旬~6月中旬ごろまで続きます。

花粉症の症状とは

花粉が原因で起こるアレルギー疾患である花粉症の症状は、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、充血、のどの痛み、咳、皮膚のかゆみなどがあげられます。

人間は体を有害なものから守るために免疫が働いて排除しようとしますが、時に過剰に反応してしまい、花粉症のような症状があらわれてしまうのです。

 

家の中にも花粉がいっぱい!?

快適なはずのお家の中でも花粉症の症状がでてしまう…。

そんな時、実はお家の中にはたくさんの花粉が潜んでいるかもしれません。

外出をするときは花粉対策をしていてもお家の中で花粉対策をしている人は多くないのではないでしょうか。

外出時に着ていた衣服や外に干していた洗濯物についていたり、お家の換気をするときに屋外の花粉が家の中に入ってきてしまったり…実は知らないところでお家に花粉を取り込んでしまっていた!なんてことも。

実は、家に入ってしまった花粉のケアよりも、まずは入ってこない工夫をするのが花粉対策の近道なんです。

花粉シーズンでも換気は必要?

意外と見落としがちなのが、室内の換気について。

花粉症に悩んでいる方は、室内に花粉が入ってこないように換気方法について悩む方も多いようです。

しかし、24時間換気を止めてしまうわけにはいきませんよね。

 

※ 換気を止めない方がいい理由を知りたい方はこちらを参考にして下さい。

→ 24時間換気を止めたらどうなる?気になる影響をまとめてみた。

給気口のフィルターを花粉対策用にする。

花粉シーズンに24時間換気を使用する場合の、花粉対策の方法や注意点があるってご存知でしたか?

換気フィルター

お外の空気をお家に取り込む給気口のフィルターを見直してみることも花粉対策の一つです。

換気口の種類によって取り付けが難しいものもありますが、しっかりと換気を行いながらも花粉の侵入を防ぐことができます。

注意点としては、花粉をブロックするために既存のフィルターよりも目が細かい仕様になっていますので、交換頻度が短くなります。

そのため、定期的な交換を怠ると、逆に換気の効果が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

 

当社でも取り付けのご相談を承っておりますので何かあればお気軽にご相談くださいね♪

 

空気清浄機で花粉はブロックできる?

空気清浄機は、ウイルスの活動が活発になる冬や、春夏の花粉の時期など様々なシーンで活躍してくれます。

花粉だけではなく、PM2.5などの粒子やハウスダストなどアレルゲンや有害物質が除去できる機種もありますね。

必要な機能がついた機種を慎重に選びましょう。

花粉対策を目的として空気清浄機を設置するなら

まず設置場所はリビングではなく、玄関にしましょう。

花粉の侵入経路は人が玄関から持ち込んでくるものがほとんどです。

家に入ってしまった花粉のケアをするよりも、まずが入ってこない工夫をするのが花粉対策の近道ですね。

 

室内の花粉対策ですぐできることは?

洗濯物はお部屋で干す。

外の花粉がお家に入ってきてしまう原因の多くは、外に干している衣類やお布団に付着した花粉が取り込んだ時に一緒に入ってきてしまうことです

花粉のシーズンはできるだけ洗濯物を室内で干しましょう。どうしても屋外で干したい場合は花粉の飛散が少ない早朝や夜に干すようにして、なるべく早く取り込むことが大切です。

外出から帰ってきたときこそ気を遣おう

外出先から帰ってきたとき、上着や衣類、髪の毛には花粉がいっぱい。

知らないうちにお家に花粉を取り込んでしまっていることも。外出先から帰ってきたときは衣類用のブラシを使って花粉を取り除いたり、小さな掃除機を置いて花粉を吸いこんだりしてからお家に入りましょう。

髪の毛や皮膚にも花粉は付着しているのでなるべく早めにシャワーに入ると家に持ち込む花粉の量を減らすことができます。

花粉を舞い上げない掃除方法

掃除の仕方によってはかえってお部屋の花粉を広げてしまうことも。できるだけフローリングワイパーや雑巾などでお部屋の花粉を取り除き、掃除機をかける際はゆっくり丁寧にかけましょう。

加湿器を活用する。

加湿器は直接お部屋の花粉量を減らすことはありませんが、お部屋の湿度が上がることで花粉が舞い上がるのを防いでくれます。

 

いかがでしたか?

毎年訪れる花粉の季節。家でもしっかりと花粉対策をして大切なお家の時間を快適に過ごしましょう。

 

こちらの記事もおすすめです♪

 

関連記事

→ 春先は「PM2.5」の濃度が高まる!?

→ 実は意外と汚れやすい!給気レジスターの簡単お手入れ方法

→ 花粉の時期は正しく空気清浄機を使って快適に!

森浦 洋志(モリウラ ヒロシ)

12年間、セントラルヒーティング、ロードヒーティングボイラーのメンテナンス業務に携わっています。
日々お客様のご自宅に訪問し業務を行っていますので、作業内容について不明瞭な点がないようお客様にとって分かりやすく親しみやすい接客を心がけ、明るく笑顔で対応します!

先頭に戻る