2018.08.22 UPDATE

冬だけじゃない!実は起きる「夏型結露」にご注意


突然ですがみなさん、夏でも結露が起きるのは知っていましたか?

そもそも結露が起こる原因とは


・室内と屋外の温度差が大きい

・室内の温度が高い

という2つの原因があります。

結露が発生する場所によって、「表面結露」と「内部結露」という2つの種類があるのをご存知でしょうか?
「表面結露」は、窓ガラスや壁など人の目につきやすい場所に発生する結露で、冬によく目にする結露です。暖房使用によって水蒸気をふくんだ暖かい空気が、温度の低い建材に触れることで起こります。

夏に注意が必要な夏型結露の「内部結露」


「内部結露」は壁内(断熱材)や床下(基礎部分)などで、暖かい空気と冷たい空気がぶつかることで発生する結露です。日中の暖かい湿った空気が冷房や夜間の気温低下によって冷やされて結露が起こります。

こちらは普段見ることのない場所で発生する結露ということもあり、発見することが難しいため、壁内にカビが発生したり断熱材が劣化したりと、住まいに大ダメージを与えてしまいます。
そこで!重要になるのが「24時間換気システム」。
室内に発生するホコリや臭気はもちろん、結露の原因となる水蒸気なども取り除いてくれる、近年の住宅にはなくてはならない設備です。

しかし、空気の出入り口部分や中のフィルターが汚れていては、意味がありません。フィルターは取り外して簡単に清掃できますので、「最近掃除していない!」という方は、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね!

天井や屋根裏に設置されている「換気ユニット」など手の届かない場所のクリーニングは、札幌ニップロがしっかり丁寧に行いますので、お気軽にご相談ください。

<お問い合わせフォーム>

お問い合わせ・見積依頼フォーム