2018.06.22 UPDATE

気をつけて!セントラルヒーティングの暖房オフ


長い冬の期間、おうちを頑張って温めてくれたセントラルヒーティング。あたたかな季節を迎え、セントラルヒーティング暖房をオフする時期になりました。

そこで、暖房オフにあたって気をつけたほうがよいことをご紹介します。

①温度調整バルブのメモリを全開に!

バルブが締まったまだと弁の寿命が短くなってしまいます。
また、暖房シーズンを迎えて作動させるときもスムーズにいかないことがありますので、下記の手順を踏みましょう。
(1) ボイラーリモコンの運転スイッチ(あれば床下暖房リモコンの運転スイッチも)を「切」にする。

(2) 暖房ボイラーのコンセントを抜く。
(3) すべてのパネルヒーターについている温度調整バルブ(サーモスタット)のメモリを最高の一に設定する。
以上で完了です!

②電気ボイラーの方は暖房ブレーカーをオフ!
電気ボイラーを使用している方は、不要な通電を避けるために分電盤の暖房ブレーカーをオフにしましょう!
そうすることで、シーズンオフ中の電気料金発生を防ぎます。

いかがでしたか?ちょっとした作業で、セントラルヒーティングを長く、節約して使うことができます。
「もう暖房は必要ないかな」と思った際には、ぜひ上記の行程を忘れずに行ってくださいね!