夏に向けて、セントラルヒーティングをオフにするときの注意点

2018.06.22 UPDATE

長い冬の期間、おうちを頑張って温めてくれたセントラルヒーティング。あたたかな季節を迎え、セントラルヒーティング暖房をオフする時期になりました。

そこで、暖房オフにあたって気をつけたほうがよいことをご紹介します。

 

ボイラーリモコンの運転スイッチ(あれば床下暖房リモコンの運転スイッチも)を「切」にする。

パネルヒーターのメモリを全開にする。

すべてのパネルヒーターについている温度調整バルブ(サーモスタット)のメモリを一番大きい数字に設定しましょう。

忘れがちですが、バルブが締まったまだと弁の寿命が短くなってしまいます。

 

以上で完了です!

 

電気ボイラーの方は暖房ブレーカーをオフ!

電気ボイラーを使用している方は、不要な通電を避けるために分電盤の暖房ブレーカーをオフにしましょう!

ブレーカーを切り忘れてしまうと、シーズンオフ中に電気料金が発生してしまいます。

 

 

いかがでしたか?ちょっとした作業で、セントラルヒーティングを長く、節約して使うことができます。
「もう暖房は必要ない時期になったかな」と感じたら、ぜひ上記の行程を忘れずに行って夏を迎えましょう!

先頭に戻る
札幌でボイラー・給湯器の交換なら札幌ニップロ株式会社 札幌でボイラー・給湯器の交換なら札幌ニップロ株式会社