2021.01.18 UPDATE

電気から灯油ボイラーへ

こんにちは。札幌ニップロです。

給湯&暖房ボイラーの交換事例をご紹介します。

 

今回の工事内容

給湯:2F 電気温水器 取り外し → 1F 灯油給湯器設置

暖房:1F 灯油ボイラーの交換

電気温水器の取り外し

まずは2Fの電気温水器を取り外します。

今回は、そのままだとボイラーを1Fに運ぶことができず、イレギュラーですが分解して外すことになりました。

なかなか見る事ができない温水器の部品です。

電気温水器

そして、これが元々2Fにあった電気温水器。

電気温水器ってかなり大きいですよね。高さも天井近くまであります。

電気温水器

電気温水器取り外し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

取り外したあとのスペースはかなりすっきりしました。

コーキングをして、1Fの作業に移ります。

コーキング

暖房ボイラー交換&給湯ボイラー設置

暖房ボイラー交換と、給湯ボイラーの新規設置を行いました。

UHB-EG470 CUR-E1212

リモコン

リモコン(操作スイッチ)も新しくなりました。

 

電気ボイラーの交換を検討されている方へ

最近では電気代の高騰により、エネルギーの切替について相談が増えてきました。

ドリーム8を解約せずに、例えば「エアコン+省電力パネルヒーター」という選択に切り替えたり、熱源を「電気から灯油」「電気からガス」に切り替えていくという選択肢もあります。

2019年~当社の統計では、電気ボイラーをお使いの約9割のお客様が灯油やガスへの切替を選択されていますが、どの方法が適しているのかというのは、様々な選択肢の中から選んでいくことをおすすめします!

検討の際には、まずランニングシミュレーションを行って自宅に適切なボイラーを選びましょう。

実は、試算結果によっては壊れるのを待つより早めに交換したほうがいいケースも多くあるんです。

交換後は、また約10年~と付き合っていくボイラーですので、納得できる内容を選択しましょう。

 

移設工事について

電気から、灯油やガスへのボイラー交換を行う際、「設置場所」の変更が必要な場合があります。

電気ボイラーや電気温水器の場合は排気の必要がないので、家の中心側(外壁に面していない)でも設置が可能です。しかし、灯油やガスは排気筒を設置する必要があるため、設置場所自体を変更しなくてはいけないケースもあります。

移設工事も可能ではありますが、スペース等の問題もあるので事前調査は必ず必要です。

 

札幌ニップロでも、エネルギーの切替について相談を承っております。

光熱費のランニング試算や、設置の相談などは無料です。

お気軽にご相談下さいね。

 

以上、札幌ニップロでした。

先頭に戻る
札幌でボイラー・給湯器の交換なら札幌ニップロ株式会社 札幌でボイラー・給湯器の交換なら札幌ニップロ株式会社