2018.10.01 UPDATE

セントラルヒーティングの試運転にオススメの時期は?


だんだんと朝晩が涼しくなってくる秋。日中はまだ暖かい日もありますがこれからの季節に絶対に欠かせないのが暖房です。シーズンのはじめに実際にみなさんが暖房のスイッチを入れる日はどんな日でしょうか?

 

おうち全体を暖める「セントラルヒーティング」は熱源装置(ボイラー)から熱を各部屋に送り、温度を一定に保つ快適な暖房システム。直火に触れないので子どもやペットがいるご家庭にも安心して使うことができ、利用するご家庭も増えています。
ただ約半年間、使用しないままで急にスイッチを入れると「ボイラーの調子が悪い」「パネルが温まらない」などのトラブルが起こってしまうことも。最悪の場合、修理の日がほかのご家庭と重なってしまい「寒いのに暖房が使えない!」といった状況に陥ってしまうこともありえます。
また使用している機器の利用年数が長い場合、修理用部品のメーカー供給が終了していて修理ができず、入れ替え工事を行わなければならないケースもでてきます。ある程度大きな買い物にもなりますから、せっかくならきちんと機能やコストなど吟味してから購入したいですよね!


そこで本格的な暖房利用の前にぜひオススメしたいのが「試運転」です。特に本格的に寒くなる前、10月がもっとも好ましい時期といえます。
しばらくボイラーを燃焼させてみてパネルヒーターや床暖房が温まり、エラー表示もでなければほとんど問題ありません。仮に何かあった場合でも実際に使うときまでに修理は終わっていますから、安心して寒い季節を迎えることができますよね。
「試運転はしてみたけれど使用年数も長いし、冬を越すのがちょっと心配…」ということでしたら、詳しくボイラーの内部点検・分解清掃なども行なっていますので、ニップロまでお気軽にご相談を!

<お問い合わせフォーム>

お問い合わせ・見積依頼フォーム