2018.09.12 UPDATE

震災後の暖房運転前のお願い


この度は震災されたお客様におかれましては心より哀悼の意を申し上げます。

弊社で暖房工事させて頂きましたお客様も多大な被害を受けられた方もいらっしゃいます。
大変な状況と思いますが暖房使用前にご確認して頂きたい事項がございます。
改めて郵送でもご案内させて頂きますが、物流の関係もありまして先にホームページでご案内させて頂きます。

≪灯油暖房ボイラー震災後の点検手順≫

【運転前のご確認】
・灯油ホースの接続部にはずれ、漏れはないか。灯油コックは開いているか。
・給排気筒の接続部にははずれていないか。
・暖房配管の接続部にはずれ、漏れはないか。
・オイルサーバーをご使用の方は送油管に漏れはないか、耐震装置が働いていないか。耐震装置が働いている場合は電源プラグを抜き差しして下さい。

【運転後のご確認】
・上記の運転前のご確認後、使用している時に排気ガスの臭いがしたり、目がチカチカするときは使用を中止し弊社へご連絡下さい。
・下記のエラー表示が表示する場合

▼スイッチを一旦「切」にした後、「入」に すれば運転できるようになります。
ノーリツ  「100」「103」
コロナ   「2」
サンポット 「100」「02」

▼ボイラーの前板を外して、定油面器のリセットボタンを押し下げるとリセットされ運転できるようになります。
ノーリツ   「113」「123」
コロナ    「11」「12」「13」
サンポット  「110」「120」
※写真の赤丸部分が定油面器リセットボタンです。

ボイラーの型式やリモコンの種類によって異なる場合があります。
他のエラー表示、他メーカーに関しては弊社へご連絡下さい。