2020.11.18 UPDATE

冬でも「熱逃がさない」換気設備が登場♪


こんにちは。札幌ニップロです。

今回は、弊社おすすめ商品のご案内です。

換気が必要と言われている今、「冬の換気対策」について皆様はどうお考えでしょうか。

寒ければ止めればいい。寒いから仕方ない。
本当にそうでしょうか?

北海道は特に、寒さから守る為に住宅がどんどん高気密(熱も空気も逃がさない)設計になっています。
高気密という言葉は、「熱を逃がさない」「断熱性能」というメリットで有名ですが、熱を逃がさないだけじゃなく空気も逃がさないんですよね。

そんな環境で、長期間換気を使用しなかったら、どんな影響があるのでしょうか。

換気が必要な理由

一般的に、換気が必要な理由としては結露・生活臭とか、シックハウス対策と言われていますが、ピンとこないですよね。
伝えるのがすごく難しいカテゴリーだなって、私たちはいつも感じています。
今は皆様から興味を持ってお問合せをいただく機会が多くなってきまして、何が今、求められてるんだろう?必要とされていることってなんだろうと考えてみました。

新型コロナウイルスの対策としても、換気の重要性はメディアでも紹介されるようになってきましたが
寒冷地に住んでいて気になるのは、やはり冬の換気だと思うんです。

給気口から入る冷気が気になる。
換気したいけど寒いほうが困る、という声をとてもよく耳にする時期になってきました。

 

しかし、換気を止めてしまうと思った以上に様々な影響が起きます。

① 生活臭がこもる
~特に、他人は思っている以上に気になります。

② ホコリが溜まりやすくなる
~掃除機をかけてもすぐにホコリが溜まります。

③ 結露発生の原因になる
~家、設備に発生し劣化を早めます。

④ アレルギー発生の原因になる
~体質だと諦めている方が多いです。

③ 学習効率が低下する
~5%~9%低下するそうです。受験生だけでなく、大人になってからは特に限られた時間で効率よく行いたいです。

すぐ影響が出ない、目に見えづらいものほど、気づいた時にはかなり進行してしまっていたり元に戻すのが大変な事って多いですよね。

 

ここまで読んでいただいて、

冬でもしっかり換気をしたいと思っていただけた方に、ご提案したい商品があります。

 

「エアセーブ」という商品です。

 

エアセーブについて

“熱効率92%” というのがポイントなのですが、分かりやすく表現を変えると
「8%しか熱がにげない」ってことです。

従来の換気(第3種換気の場合)方式だと、100%の熱が逃げます。だから寒い。
24時間換気を作動させていると、外気そのままの空気が入ってきます。

エアセーブは、同じ箇所で給気と排気を繰り返すのですが、特殊な部品で排気の熱をためて、その熱で入ってくる空気を温める、という仕組みになっています。

例えば、外気-5℃ 室温20℃だとします。
従来の場合は 20℃の空気が出て行って -5℃の空気が入ってきますが
エアセーブだと、入ってくる空気の温度が18℃になります。

熱が逃げない=換気をしても部屋の温度が下がらない=その分余分な暖房もしない
➡ 光熱費がぐっと下がります。

換気口が一つ一つ「換気の本体」の役割になる
➡ お手入れがとても簡単(誰でもできてしまいます)

ということで、ランニングコストの面においても優れています。

工事にかかる時間も、従来の換気設備入替と比較してかなり短いです。

 

見積・商品についてのお問合せは札幌ニップロまで。
0120-101041
もしくは、WEBサイトのお問合わせフォームからお問合せ下さい。

設備の入替はまだ考えていないという方へ

なるべく費用をかけず、今ある設備でできる対策としてはこちらの記事に掲載しています。

24時間換気は寒い?止めちゃダメ?冬に寒さを和らげる方法

 

そして、最近とても感じること。

リフォームの時には換気設備のことも忘れないでほしいです。

換気設備は機械なので、寿命があります。

24時間換気設備の場合、ほとんどが見えない部分(天井や床下)にあります。
「リフォームするときに一緒に交換したほうがお得な設備」って色々調べてまとめて工事をされる方が多いと思うのですが、いざ、換気設備の入替が必要になったとき、一緒にやっておけばよかったという声を聴く事が多くなっています。

そんな思いをしてほしくないという思いはあるのですが、やはり目に見えない設備の優先度って、「しっかり故障してから」じゃないと意識されない事が多く中々広まりません💦

 

ここまで記事を読んでくれた方へ、もし将来リフォームをすることになった場合は「換気設備」のことも思い出してほしいです。

札幌ニップロでした^^