2019.06.15 UPDATE

雨の日は室内干しが必至。注意点は?


 

洗濯物の室内干しが避けられない雨の日。しかし、室内に湿気が溜まってジメジメしたり、室内干しの嫌な臭いが発生したりと、お悩みの方も多いのではないでしょうか?また、雨の日は気温が低くなるため水分が蒸発せず、洗濯物から水分が抜け出せなくなってしまい乾きにくくなります。

洗濯物を早く乾かすポイント


①乾燥機を5分程度かける
洗濯終了後、洗濯物を乾燥機の一番低い温度設定で5分ほどかけてから干します。そうすることで、空気を含ませながら乾かすため、早く乾かすことができます。

②除湿機や除湿剤を使用する
空気中の水分を吸収してくれる除湿機や除湿剤を使用し、室内の湿度をまんべんなく下げることで、カビ対策にもつながります。ちなみに除湿機を使用する際は、洗濯物を干す部屋のドアを閉めることで効率よく除湿できます。

③扇風機を使用する
首振りの扇風機を使って空気を循環させることで、湿気が分散されて乾きがよくなります。

室内干しの注意点


室内干しをすると高温多湿を好むダニやカビが発生しやすくなるので、注意が必要です。洗濯物を干す部屋はもちろん、洗濯物から発生した水分は家中に広がるため、室内干しをしている部屋以外の湿度も気をつけてチェックしましょう。

洗濯物が乾きにくい雨の日。ひと工夫を施し、快適なお部屋環境を作りましょう!