2018.12.20 UPDATE

使わない部屋のパネルヒーターは止めてもいいの?


セントラルヒーティングをお使いの方が気になるのは、やはり「光熱費」。できるだけ光熱費を抑えるため、設定温度を低めに設定するなど対策をしている方も多いのではないでしょうか?

パネルヒーターを一部のお部屋だけ止めてしまうのはオススメしません


しかし、あまり使用しない部屋だからといって、パネルヒーターのバルブを完全に止めてしまうと、部屋ごとに温度差ができてしまい結露が発生してしまいます。結露はおうちを傷めるほか、カビやダニの発生原因となり人の身体にも悪影響を与えることもありますので、注意が必要です。

使わない部屋も低めの温度設定を


あまり使わない部屋のパネルヒーターは、バルブを完全に止めるのではなく、2〜3など低めの温度設定に保つことで、部屋ごとの温度差が発生せず、快適に過ごすことができます。ぜひ、おうちのパネルヒーターの設定を、一度見直してみてくださいね。

 

お問い合わせ・見積依頼フォーム