2020.04.23 UPDATE

暖房オフシーズンに向けてのアドバイス


こんにちは。暖房の札幌ニップロです!
皆様いかがお過ごしでしょうか?

この時期は暖かくなったな、と思ったら一日中肌寒い日が続いたり…
24時間暖房(セントラルヒーティング)は外気温や体感によって、設定や使い方のコツってあるのでしょうか?

▼ 春先の暖房アドバイス
・ 節約のコツはあるの?
・ 止めたりつけたりして問題ないの?
▼ 暖房オフシーズンに向けて
・ 使わない間の注意点は?
・ なんでサーモバルブのメモリを最大にするの?

 

1. 春先の暖房アドバイス

暖房の設定は年中変えないという声もよく聞きますが、外気温に合わせて調整する事が「快適」「節約」のポイントです。

■ 節約のコツはあるの?

冬と比べ、暖房ボイラーの設定温度が低めでもお部屋が温まりやすくなります。
春の目安はだいたい40℃前後(レベル表示の場合1)です。
冬の目安は60℃~(レベル表示の場合3~)でしたので、ずっと設定を変えずに使用していた!という方は、設定温度を低めにすると経済的です。
※ 寒く感じるときは上げて下さいね!
朝晩だけ寒い日等は、暖かい時間帯は暖房をOFFにする事で節約に効果があります。
タイマー機能が搭載されている機種であれば、有効活用して節約しましょう♪

■ 止めたりつけたりして問題ないの?

入切による、設備への影響はございませんのでご安心下さい。
外気温が低い冬は、一度おうちが冷え切ってしまうと温めなおすのに時間がかかること、また温め直すのにエネルギーを必要として暖房費の節約には効果がないため、24時間暖房を推奨していましたね。
春先は外気温が高くなり、暖房用温水(防錆不凍液)が温まるまでの時間が短くなります。
そのため、暖かい時は切る、朝晩だけつける、等の使用方法でも快適にお過ごしいただくことができます。

 2. 暖房オフシーズンに向けて

暖かい日が多くなってくると、暖房のオフシーズンになります。
一年に一度のことなので、意外と忘れがちな準備についてご紹介します。

■ 使わない間の注意点は?

・暖房ボイラーのスイッチをOFFにしましょう。
・長期使用しない場合は、全てのパネルヒーターの目盛(サーモバルブ)を最大にしましょう。

■ なんでサーモバルブのメモリを最大にするの?

サーモバルブは、設定した温度を基準に中の弁が閉じたり開いたりする仕組みでパネルヒーターへの暖房用温水(防錆不凍液)の流れを調節しています。

そして、これは暖房のONOFFに関係なく、常に温度を感知して作動します。
例えば、「0」にすると、パネルヒーターの中の弁は閉じた状態のままになります。
この状態が長期間続くと、パネルヒーターの中の弁が固着して部品の破損の原因となることがあるのです。
最大にしておくと、よほどの猛暑でない限りは解放した状態になります。
サーモバルブに負担をかけないために、メモリを最大にしておきましょう。

暖房ボイラーを運転したまま、サーモバルブを最大にしているとお部屋がとても暑くなってしまうので、スイッチを切るのは忘れずに😊

 

▽ 暖房温度の設定に関する、関連記事です。

寒すぎる?暑すぎる?「温度設定のコツ」

シーズン初めの使用方法のコツ